Category Archive:適正

独立情報行政法人の一つである情報処理推進機構から、「IT人材白書」というものが発行されている。これによれば、日本のエンジニアの人口は右肩上がりで増加している。ただ、その増加の仕方は非常に緩やかである。IT業界が成長産業だと言われて久しいが、それでもエンジニア人口は百万人に満たないのだ。もちろん、IT人材白書の調査がすべて完璧であるとは言わない。データとして上がってこないフリーエンジニアもいるので、そういった人たちを含めればさらに数は増えることが予想される。しかしそれでも、非常に少ない数だと言わざるをえない。アメリカや中国のようなIT先進国なら、エンジニアの数は三百万人を超えているからだ。

さらにプログラマーの数はもっと少ないのが深刻だ。アメリカでもやっと三十万人しかいないのがプログラマーである。エンジニア人口のおよそ一割がプログラマーだと言われていて、日本でそれを当てはめるなら十万人程度になる。これでは、IT産業を大きくしていこうという時に大きな足枷になることは容易に予測できる。小学校のうちからプログラミングに慣れさせておくなどの工夫をしないと、ITの世界でも海外の労働力頼りになってしまうだろう。適正なプログラミング普及策を早急に構築して実行しなければ、ITで世界に打って出るどころか、国内のIT需要さえ自力でまかなうことができなくなる。ただ、プログラミングは高度な数学の知識が必要だったりと、習熟には時間を要する。対策を講じても結果が出るのは十数年後になる可能性はある。